プラークコントロールは歯周病治療と予防の基本

バナー

プラークコントロールは歯周病治療と予防の基本

テレビの歯ブラシや歯磨き粉のCMなどで、プラークコントロールという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。
プラークコントロールはその言葉の通り、歯につく歯垢の量を調整することで、歯周病の予防において基本となる方法です。


プラークコントロールは市販の歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスを使い、丁寧に歯を磨き、歯の隙間の汚れを取り除くことによって可能となります。

しかし、ただ丁寧に磨くだけではダメで、正しい方法を用いなければ歯周病を予防することはできません。

日本では、公の場で歯磨きの方法を教わる機会がほとんどないこともあり、適切な方法での歯磨きを実践している人は少なく、歯科医院で指摘されてはじめて自分の歯のケアの方法の間違いに気がつく人も少なくありません。


歯周病は30代以降にかかりやすくなっていくといわれているので、若い人は歯が健康であるうちから、書籍やインターネット上のサイトなどから正しい歯垢の除去方法を学んで実践する必要があるでしょう。

歯周病治療に関する有益な情報が満載です。

プラークコントロールは歯周病治療にとっても基本となります。歯周病は初期症状を自覚しにくい病気ですが、運良く歯科医院で初期症状を発見できれば、プラークコントロールのみで歯周病治療が完了できる可能性が高いです。



歯周病治療におけるプラークコントロールは、歯ブラシやデンタルフロスを用いる方法だけでなく、スケーリングとルートプレーニングの併用による歯垢と歯石の除去も含まれます。

今すぐ見つかるマイナビニュースの情報が欲しい方必見です